年賀状が遅れた本当の理由

新年おめでとうございます。
今年からブログのデザインを一新しました。今後とも宜しくお願い致します。

さて、いまさらなのですが、私は昨日、ようやく年賀状を書き終えました。
せっかくなので、辰の絵を載せておきます。

ここまで遅くなったのも、昨年末あたりから多忙になり、なかなか時間が取れませんでした・・・
と、いうのは表向きの理由で、本当の理由は別のところにあります。
このブログを見ている人だけに、こっそり(?!)真実を伝えましょう。

年末に、そろそろ年賀状でも作らねばと思いつつパソコンに向かっていたところ、ふとこんなバナーが目に止まりました。

<哲学ガールズイラスト募集>
なんだ、このわけのわからん企画は。ついに萌えも哲学にまで及んだか。
ちょっとだけ覗いてみよう、、、と、思ったのが運の尽き。
あとはついフラフラと。。。
で、正月潰して出来たのが、これ。鳩摩羅什(くまらじゅう)たん。

「色即是空」という言葉を訳し出した人です。(もちろん本当は女の子ではない)
以前、NHK番組のシルクロード鳩摩羅什が取り上げられたことがありました。
私はその番組にいたく感動した覚えがあり、こうして形にしてみたわけ (^^);
 ※ NHKスペシャ新シルクロード 天山南路 でした。
 ※ >> http://library666.seesaa.net/article/3660170.html
 ※ そして、番組の内容は少々ヤラセっぽかったらしい。
 ※ >> http://library666.seesaa.net/article/3776523.html

さらに勢いづいて、もう1つできたのが、ヘーゲルたん。

・・・なぜ、これがヘーゲル?などと問うなかれ。
全ては勢いの為せる業なのです、勢い。

いや、分かっちゃいるんです、理性的に考えれば絶対おかしいって。
やる必要もない、どーでもいい無駄なことに限って、妙に時間と労力をつぎ込みたくなるのは何故だろう。
実のところ、○○たんと、年賀状の辰の絵では、掛けた労力は10倍くらい違っています。
せっかく描いたのだから、よほど年賀状に貼ろうかと思ったのですが、今回はギリギリの線で踏みとどまった。
ひょっとして、○○たんを送りつけてもドン引きしない人だけが本当の友人なのかもしれない・・・
などという思いが一瞬頭をかすめたのだが、そこまでの勇気は無かった。