ぽかぽか、ホケー、ほえー、しあわせ

突如マンガが描きたくなって、できあがったのが、これ。

なんなんだろうね、これは・・・
ま、しあわせならいいです。

で、なぜ描きたくなったかというと、昨年購入したタブレットに [id:rikunora:20081122]
ComicStudio Mini」というマンガを描くためのソフトが付いていたからです。
せっかくだから、一度くらいは使ってみようかな、と。
しかし、上のマンガは、実は ComicStudioで描いたものではありません。
いつも使っている「Sai」というペイントソフトで描いたものです。
なぜそうなったのか。
それは ComicStudioが使いこなせなかったからです。
なんか、使い勝手が直感的ではないのですよ。
レイヤーが機能ごとに分かれていて、
思ったように下書きが取り込めなくて、
取り込んだ下絵をうまく加工することもできなくて、、、
私が絵を描くときは、まず下書きを紙に書いて、スキャナーで取り込む、ということをしています。
ComicStudioで、下書きの取り込み直しからやり直すこと10回、全然ダメでしたね・・・
そんでもって頭にきて、結局は「Sai」で着色することになったのです。
改めて「Sai」の使いやすさを実感しました。

・・・しかし、せっかくインストールしたのに、ここで敗退しては ComicStudioが浮かばれません。
やり方を変えて、再チャレンジしてみました。
その結果、できあがったのが、これ。

なんなんだろうね、これは・・・
ま、なんでもいいです。
何を変えたかというと、
・スキャナー取り込みをあきらめて、下書きからComicStudio上でスタートした。
・とにかくマニュアル通りの手順に従って、順番に作成した。
この「マニュアル通りの手順」ってとこが大事でした。
この手順を外れると、全く使い物にならないというか、ほんとにマンガ量産専用ツールだったのです。
上でムチャクチャけなしたので、敗者復活した感想をば。
・描き味がとってもペンに近い。慣れればけっこう素速く描けるかも。
・トーンを張るのがおもしろい。
・すげー適当に描いたのに、それなりにマンガらしきものができたのにはビックリ。
ということで、案外使えることがわかりました。

あと、私が最初にComicStudioをインストールしたときは、
タブレットの位置と、線が引ける位置がずれていて困ってしまいました。
解決方法はComicStudioのホームページのFAQに載っていました。
 [質問]タブレットの座標がずれて正常に描画できません。
詳しくはFAQを見てもらった方が良いですが、要は、調整してもだめなら
タブレットドライバの再インストールをお願いします」とのことでした。
確かに、再インストールしたら解決したよ。
つまりこのソフトは、一度や二度使えなかったからといって、あきらめてはいけないものだったのだ。